生物

「逃げろ!」釣った魚狙ってワニ飛び出す!猛ダッシュの逃走劇 豪州(動画)

 オーストラリア北部で先月、川釣りを楽しんでいた若者が、確かな手応えを感じた!大きなバラマンディを釣ったと思った瞬間、魚を狙ってワニが水中から飛び出してきた!オドロキの俊足ぶりだ。

 

 のどかな釣りが一転、スリルいっぱいの追跡劇を経験したのは、豪州最北端に位置するノーザン・テリトリー州ダーウィン郊外を流れる川でバラマンディ釣りに挑んだ漁師のダック・クレイグさんと、若い友人のダニエルさん。

 

 バラマンディは、豪州北部や東南アジアで一般的なスズキの仲間で、アボリジニー語で「大きなウロコの魚」という意味を持つ。成長が早く、1年もしないうちに重さ1キロ近くまで育ち、野生では2〜5キロ近くになるものも珍しくない。現地では、鮭よりも高く取引されていて、白身魚料理として人気だという。

 

 この日、釣りを始めて間もない初心者のダニエルさんに、強いアタリがあった。「グンッ!」魚の重みでしなる竿を手に、懸命にリールを巻き上げるダニエルさん。

 

 川の水面が動き出し、次第に自分の方へ近づくのを見て喜びを噛み締めていた瞬間、ふたりは叫んだ。「ワニだ!」

 

 

最強のワニ「イリエワニ」とは…

 体長4メートル以上はあるイリエワニが、釣り上げたバラマンディの後を追って水中から飛び出し、信じられないほどの速さで追いかけてくる。

 

「逃げろ!きょうだい!逃げろ!」ダックさんの絶叫で我に返ったダニエルさんが慌てて走り出したが、手に竿を持っているのと、足元がぬかるんでいるため思ったように前に進めない。

 

 土手に生えていた低木になんとかたどりついたダニエルさんは、木の幹にしがみつきながらも執念深く撮影を続行。「動画なんか撮ってる場合か!」と興奮して怒鳴り合うふたりを尻目に、魚に追いついたワニは、あっという間に丸呑みにしてしまったという。

 

 ふたりから獲物をかすめとったイリエワニは、ワニのなかでも最大で、豪州北部では固有種のオーストラリアワニが、ひとまわり大きなイリエワニに食われることも珍しくない。川の水を飲みに岸辺に近づく犬でもワラビーでも襲う獰猛なワニで、フィリピンのミンダナオ島では2011年、少女と農民3人を食った「人食いワニ」の事件が報告されている。

 あなたにオススメの記事