地震

けさ小笠原諸島・硫黄島近海でM5.1「津波なし」米地質調査所

 けさ(5日)6時半ごろ、小笠原諸島の硫黄島近海を震源とするマグニチュード(M)5.1の地震が発生したと、米地質調査所(USGS)が発表した。この地震による津波の心配はない。

 

 USGSによると、地震が発生したのは日本時間5日午前6時34分ごろ、硫黄島から西南西へ130キロ離れた海域を震源とするM5.1が観測された。震源の深さは約35キロ。

 

 震源周辺は、東の太平洋プレートが西のフィリピン海プレートに沈み込む境界近くで、過去にも震源が深いM7クラスの地震が観測されている。

 あなたにオススメの記事