生物

ビーチを駆け抜けるカンガルー「濡れるのへっちゃら!」目撃される(動画)

 オーストラリアのカンガルーといえば、広々とした草原や砂漠にいる姿が思い浮かぶが、人間同様、水辺で遊ぶのも大好きだという。ニューサウスウェールズ州では、ビーチをホップ・ステップ・ジャンプで駆け回るカンガルーが目撃された!

 

 この愉快なカンガルーに会えるのは、シドニーから南へ150キロほど離れたムラマラン国立公園(Murramarang National Park)。この公園内にはカンガルーの仲間でも、大型種に属する灰色カンガルーの群れが住んでいる。

 

 別名オオカンガルーと呼ばれるように、オスは体長1メートル以上と大きく、体重は60kg前後。時速64キロで走り、オス同士の争いは、ボクシングのような激しい殴り合いをすることで知られる。

 

 地元に住むケリー・ベックウィズ(Kelly Beckwith)さんはこの日、子供を連れて近所のビーチを散歩中、不思議なポーズで浅瀬を飛び跳ねる人物を目撃。

 

 

 遠目にも「ずいぶん脚力がある人だわ」と感心しているうちに、人間離れしたスピードで接近してきたのが、カンガルーだとわかった。ケリーさんは、カンガルーの危険性を知っているので近づくようなことはしなかったが、人間が見ているのに気づいても、強めの波が押し寄せるのも気にせずに、ただひたすらピョンピョンと飛び跳ねながら、ビーチを横切っていった。そのようすは、ビーチでランニングする習慣がある人間のように見えたという。

 

 ティラノサウルスのように小さな前足を持っているが、カンガルーはなかなかの泳ぎの達人だ。もう1本の動画は、同じくニューサウスウェールズ州で撮られた川を渡るカンガルー。浅瀬はジャンプで横切っていたが、水が深い場所まで来ると、犬かきで上手に対岸まで泳いでいった。

 

 あなたにオススメの記事