健康問題

「精力アップコーヒー」基準の4倍のタダラフィル検出 厚労省が注意喚起

 男性の勃起不全(ED)に効果があるとされる医薬成分「タダラフィル」を、国内基準の4倍以上含んだインスタントコーヒーが、海外のインターネット通販サイトで販売されているとして、厚生労働省が注意を呼びかけている。

 

 医薬品医療機器等法(旧薬事法)違反の疑いが持たれているのは、タイの健康食品の個人輸入を代行しているという「元気珈琲-Power and Beauty」という通販サイトが販売している「ミラクル・エナジー・コーヒー」と、インドの個人輸入代行店「DD-MART」が販売している「MI-MAGコーヒー」。

 

 いずれも4パック入りのインスタントコーヒーで、お湯で溶かして飲むと勃起不全が改善されると銘打っている。1袋当たりには医薬成分のタダラフィルが95〜96mg含まれていて、国内で承認されている用法用量(1日1回5〜20mg)の最大4倍以上に相当することから、健康被害のおそれがあるという。

 

 厚労省は、これらの製品の購入者に対して、ただちに使用を中止するよう呼びかけるとともに、サイトのドメインを登録している業者に対して削除するよう要請しているという。

 あなたにオススメの記事