生物

上野のパンダもお花見満喫!シャンシャンは「花より団子」で体重50kg超え(動画)

 

 全国に先駆けて桜が満開を迎えた東京では、だいぶ葉桜になってしまっているが、上野動物園ではパンダたちもピンクの景色を楽しんだようだ。こうしたなか、シャンシャンは体重が50キロを超えて、だいぶおとなびた表情を見せるようになった。

 動物園によると、シャンシャンは、この1カ月間で体重が4.4kg増えて、現在は54.2キロになった。2月から続けているハズバンダリートレーニングという訓練にもだいぶ慣れて、当初は差し出された棒に噛み付こうとしたが、最近ではうまく鼻先で触れることができるようになってきた。

 

 このトレーニングは、飼育動物にストレスを与えることなく、自発的に行動してもらうようにするのが狙いで、具体的には部屋の掃除の際に他の部屋に動物を追い出すことなく自分で移動したり、健康チェックや採血、レントゲン撮影などに協力してくれるよう、棒や手で合図を出して、特定の姿勢をとらせる訓練だ。

 一方、そういった訓練はすでに身につけている両親は、最前線でのんびりとお花見を楽しんでいる。オスのリーリーには、繁殖期に特有の行動が現れているが、シンシンには今のところその兆候は見られないという。

 

 シャンシャンも最近ではずいぶんおとなびた表情を見せるようになったが、上野動物園が8日に撮影した動画を見ると、食べてばかりで動かない両親と違って、カメラの方を気にしたり、転がって倒れた切り株に飛びかかってみたりと、あどけなさが残る。

 

 あなたにオススメの記事