火山

阿蘇山で小規模噴火 2年半ぶり「警戒レベル2」を維持

 気象庁によると16日午後6時28分、熊本県にそびえる阿蘇山の中岳第一火口でごく小規模な噴火が発生した。中岳第一火口で噴火が発生したのは、2016年10月8日以来、約2年半ぶり。

 

 この噴火にともなって、噴煙が火口上空200メートルまで到達し、北西へ流れた。地下のマグマや水蒸気の動きを示す火山性微動の振幅は増減を繰り返しているが、地殻変動の観測では、大きな変化は確認されていない。

 

 気象庁は「火山活動が高まっている」として、火口から約1キロ範囲に影響を及ぼす噴火のおそれがあると注意を呼びかけている。

 

■国内の火山の現状は、ハザードラボ「火山マップ」でもご確認いただけます!

 あなたにオススメの記事