リコール

ステッキ「破断」のおそれ 1500本を回収・修理 フジホーム

 介護用品メーカー・フジホームは、今年3月にかけて販売した四点で支える杖の一部で、強度不足が原因で破断するおそれがあることが判明したとして、自主回収を発表した。

 

 リコールの対象となるのは、2018年7月1日から今年3月12日にかけて出荷販売した「四点杖補助グリップ付」の花柄の赤と、木目ブラウンの計1501本。

 

 同社によると、シャフトと呼ばれる杖の軸部分と底(ベース)部分を固定している溶接の強度が不足している製品が混入していたため、使用中に破断するおそれがあることがわかった。

 同社は、ベース部分の裏側に貼られている製品番号「GF221206-2」「GF180507」「GF200707」「GF110907」の4製品について、5月7日から無償で修理を行うと発表した。


【この件に関する問い合わせ先】

フジホーム四点杖補助グリップ付相談窓口

フリーダイヤル:0120-297-484

平日午前9時〜午後5時半まで

 あなたにオススメの記事