気象

「18日以降 かなりの高温」沖縄・奄美のぞき 全国に異常天候早期警戒情報

 

 今週18日ごろから1週間は、沖縄や奄美地方をのぞき、全国的に気温が平年よりかなり高くなるとして、気象庁が「異常天候早期警戒情報」を発表した。

 

 きのう(14日)に梅雨入りした奄美地方や沖縄では、前線や湿った空気の影響で、曇りや雨の日が多くなる見通しだが、そのほかは気温が平年をかなり上回る見込み。

 

 18日からの1週間の平均気温は、平年と比べて▽北海道で+2.2℃以上、▽東北地方+2.0℃以上、▽関東甲信から北陸地方で+1.9℃以上、▽近畿と中国地方+1.7℃以上、▽東海地方+1.5℃以上などと予想される。

 

 この高い気温の状態は、今後1週間から2週間先まで続く見込みで、気象庁が農作物の管理に注意するよう呼びかけている。

 

 あなたにオススメの記事