防犯

東京・新宿で暴行事件!小学生を殴打するマント男!しかも唐草風呂敷

 東京・新宿区でけさ(20日)8時ごろ、登校中の男子児童が、唐草模様のマントを羽織った男に頭を殴られたとして警察に通報があった。

 

 暴行事件があったのは、新宿区高田馬場3丁目の路上を小学校へ向かって歩いていた男の子が、面識のない男から頭を叩かれた。突然のできごとに混乱し、犯人の顔や年齢などは覚えていないが、唐草模様のマントをひるがえして立ち去る姿が脳裏に焼き付いているという。

 

 現場はJR「高田馬場駅」と西武新宿線「下落合駅」のあいだの住宅街で、区立戸塚第三小学校のほか、公園や保育園もあることから、警察はパトロールを強化し、犯人の行方を追っている。

 

 警視庁は、子供には少しでも怖いと思ったら、ためらわずに大声をあげて助けを求めたり、防犯ブザーを鳴らすなどしてすぐ逃げるように指導してほしいと保護者に呼びかけている。

 

【問合せ先】戸塚警察署 03-3207-0110

■この記事はメール警視庁からの情報を元に、ハザードラボで編集したものです。

 あなたにオススメの記事