環境

史上最悪の山林火災 カナダで発生 4000人に強制避難命令

 

 カナダ西部のアルバータ州では今月半ばごろから、各地で山林火災があいつぎ、次々に燃え広がることで被害が拡大している。

 

 20日には北部の町ハイレベルで4000人の住民に強制避難命令が出された。

 アルバータ州政府によると20日現在、山火事は409カ所で確認されており、焼損面積は計6万9000ヘクタールに拡大。これは過去5年間の半分以上の焼損面積に相当するという。

 

 乾燥して気温が高い天気が続いていたカナダ西部では、今月13日ごろから各地で森林火災があいつぎ、次第に拡大。カルガリーやエドモントンなどの都市部をのぞいてほぼ全域で山火事が発生。

 20日には、州北部に位置する町ハイレベルで、火災が高速道路を横断し、住宅街に迫る勢いで拡大していることから、クリスタル・マカティア市長が4000人の住民に対して避難命令を出した。

 

 重病患者や要介護者20人から優先的に避難を始めているという。

 

 

 あなたにオススメの記事