地震

南米ペルー北部でM8.0 震源の深さ110km「日本への津波の心配は?」

 米地質調査所(USGS)によると、日本時間26日午後4時41分ごろ、南米ペルー北部を震源とするマグニチュード(M)8.0の地震が発生した。

 

  地震が発生したのは、ペルー北部のラグナス近郊で、震源の深さは約110km。ハワイの太平洋津波警報センターは、この地震による津波の心配はないとしている。

 

 USGSによると、震源域は、南米大陸の下に海側のナスカプレートが沈み込んでアンデス山脈を形成させた地震活動の活発な地域。ペルーでは今年2月にもエクアドルとの国境付近でM7.7の地震があったばかりで、3月にも内陸部でM7.1があいついでいる。

 あなたにオススメの記事