防犯

八王子のブラジャー+パンツ男 再び出現!深夜の無言散歩

 東京・八王子市できょう(29日)未明、婦人用の下着だけを身に着けた不審な男が歩いているのを通行人が目撃し、警察に110番通報した。周辺では昨年もたびたび下着姿の半裸の男が目撃されており、なかには痴漢の被害に遭った女性もいることから、警察が注意を呼びかけている。

 

 公然わいせつ事件が発生したのは、29日午前1時10分ころ、八王子市打越町(うちこしまち)付近で、黒のブラジャーとパンツを着用した半裸の男が歩いているのを住民が目撃した。犯人は身長170センチくらい、中肉体型で髪の毛はボサボサで終始無言だったという。

 

 現場は京王線「北野駅」周辺の閑静な住宅街で、2017年夏以来、たびたび深夜に女性用の下着をつけた不審者が出現している。

 

 昨年10月には帰宅途中の女性が、下着姿にニット帽とマスクで顔を隠した男から体を触られる被害も報告されていることから、警察が夜道の帰宅時に注意を呼びかけるとともに、犯人の行方を追っている。

 


【問合せ先】南大沢警察署 042-653-0110 (内線7918-2612)

 

■この記事はメール警視庁からの情報を元に、ハザードラボで編集したものです。

 あなたにオススメの記事