地震

台湾東方沖でM5.6 台湾中央気象局

 台湾中央気象局によると4日午後6時46分ごろ(日本時間)、台湾の東方沖を震源とするマグニチュード(M)5.6の地震が発生した。

 

 地震が発生したのは、台湾南東部の台東県沿岸から47キロほど東の沖合で、震源の深さは14キロ。

 

 この影響で震源に近い台東県成功鎮で最大震度5の揺れを観測したほか、台東市で震度4など、広い範囲で震度4〜1の地震があった。

 

 台湾では今年4月18日も花蓮県でM6.4の地震が発生したばかり。今回の地震による日本への津波の心配はない。

 あなたにオススメの記事