気象

5日は激しい雷雨に注意!上空に氷点下の寒気

 5日は北日本から東日本にかけて大気の状態が非常に不安定となり、ところによっては雷を伴った非常に激しい雨が降るおそれがあるとして、気象庁が注意を呼びかけている。

 

 北日本から東日本の上空約5500メートルに、氷点下15℃以下の寒気を伴った気圧の谷が通過する影響で、5日は広い範囲で大気の状態が不安定になり、雷を伴う大雨が降るおそれがある。

 

 特に東日本では局地的に1時間に50ミリ以上の非常に激しい雨が降ると見られており、あす朝までの24時間に予想される降水量は、多いところで、東北と関東・甲信地方で80ミリ。

 

 東京でも昼過ぎから夜にかけて、多摩西部の山沿いを中心に1時間に30ミリ以上の激しい雨が降る見通しのため、土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水や氾濫への注意が必要だ。

 

 また北日本から西日本にかけての広い範囲で落雷や突風のおそれがあるため、発達した積乱雲が近づいてきたら、早めに建物内に移動するなど安全確保につとめてほしい。

 

■最寄りの地域の天気は、ハザードラボ「気象マップ」でもご覧いただけます。日本列島の地図上から都道府県の地域の気象状況や、この先の天気予報も調べられます。

 あなたにオススメの記事