リコール

日清「チキンラーメン」の冷凍炒飯1万9000個回収「異物混入」

 日清食品ホールディングスは7日、冷凍炒飯に複数のプラスチック片が混入していたとして、約1万9000個を自主回収すると発表した。

 

 回収の対象となるのは、「日清食品冷凍」が、三重県の工場で今年4月25日に製造し、中部地方や近畿、中国地方、四国、沖縄に出荷された「冷凍 日清チキンラーメン 金の炒飯」計1万9032個。

 

 購入客から「異物混入」の指摘を調べて商品の中身を検査したところ、赤いプラスチック片が複数入っていることが判明。復元したところ、直径1.5センチ大の円形で一部が欠けていたという。

 

 現在、混入経路の特定を急ぐとともに、2020年4月25日が賞味期限の商品を回収することにした。手元に商品がある場合、下記宛てに料金着払いの冷凍便で送ると、後日、商品代金に相当するQUOカードが送付される。

 

【この件に関する問い合わせ先】

日清食品冷凍「受付センター」宛

フリーコール:0120-917-056

受付時間:平日午前9時〜午後5時半(8日、9日は受付可)

〒144-0042

東京都大田区羽田旭町11−1

ヤマト運輸南東京法人営業支店内

「日清食品冷凍特設お客様対応窓口」宛

 あなたにオススメの記事