火山

桜島が噴火「噴煙2000m上昇中!」けさから山体膨張を観測

 11日午後2時31分、鹿児島県の桜島・南岳山頂火口で噴火が発生した。桜島ではけさ5時ごろから、山体膨張だと考えられる地殻変動が観測されており、気象台が注意を呼びかけた矢先だった。

 

 国土交通省九州整備局の火山カメラでは、午前2時40分現在、黒い噴煙が噴出しており、火口上空2000メートルを上昇中だ。

 

 今晩9時までに火口から東方向の鹿児島県鹿屋(かのや)市輝北方向に向かってやや多い火山灰が降るおそれがあるうえ、降灰は宮崎県宮崎市まで到達するおそれがあるとして、気象庁が注意を呼びかけている。

 

 桜島の噴火は今年に入ってから44回目。

 あなたにオススメの記事