気象

大雨「峠は超えたが」18日にかけて強風に注意!北海道〜東北

 週末は、北陸地方と北日本で大雨の天気となった。この大雨の峠は超えたが、北海道と東北地方では18日にかけて強い風が吹いて、海がしける見通しだとして気象庁が注意を呼びかけている。

 

 この大雨をもたらした低気圧は17日現在、北海道の東方沖をカムチャツカ半島に向けて進んでいる。北陸地方と北日本の大雨は峠を超えたが、地盤が緩んでいるところがあるため、土砂災害への警戒が必要だ。

 

 また低気圧に近い北海道から東北地方では、あす(18日)にかけて強い風が吹き、海上は大きくしける見込み。気象庁によると予想される最大風速(最大瞬間風速)は、▽北海道の太平洋側で20メートル(30〜35メートル)、▽その他の地域は18メートル(30メートル)、▽東北地方では14〜15メートル(25〜30メートル)。

 

 また海上の波の高さは、北海道と東北地方で最大5メートルと予想されることから、気象庁が暴風や高波への警戒を呼びかけている。

 あなたにオススメの記事