防犯

また出た!肩車男「ケータイが木に引っかかった」見え透いた嘘でチカンのおそれ 小平市

 東京・小平市では最近、「携帯電話を木に引っ掛けた」などというウソをついて、小学生の女の子を肩車しようとする不審な男の目撃情報があいついでいるとして、警察が注意を呼びかけている。

 

 最初に被害があったのは今月21日、小平市鈴木町2丁目の公園で遊んでいた小学生の女の子が、面識のない男から呼び止められ、「携帯電話が木に引っかかった。肩車をすれば取れると思う」などと頼まれて、体に触れられたという110番通報があった。

 

 さらに25日午後4時半にも、同じ小平市鈴木町2丁目内の公園で、同様の手口で声をかけられたという被害が報告されている。

 

 警視庁小平警察署にこれまでに寄せられた通報内容によると、不審な男は年齢20〜30歳代、身長180センチ前後、白いシャツに青いズボンを履いていることが多く、黒い自転車に乗っていたという目撃情報がある。

 

 子供の体をさわるいたずら目的の可能性が高いとして、警察は知らない大人に声をかけられたり、少しでも恐怖を感じた場合は、大声で助けを求めたり、防犯ブザーを鳴らすなどして、すぐに逃げられるように、家庭内で話し合う機会を持ってほしいと呼びかけている。

 


【問合せ先】小平警察署 042-343-0110 (内線2162)

 

■この記事はメール警視庁からの情報を元に、ハザードラボで編集したものです。
 

 あなたにオススメの記事