環境

隅田川で魚の大量死「コハダなど約3000匹」(動画)

 東京の東部を流れる隅田川で今月8日、コハダなど約3000匹の魚が大量に死んでいるのが見つかった。東京都が発表した。

 

 都によると、8日午前9時ごろ、台東区と墨田区を結ぶ「蔵前橋」付近で、大量の魚が浮いているという住民からの通報が寄せられた。

 

 

 環境局と建設局の職員が駆けつけたところ、上流の「水神大橋」から東京湾に近い「永代橋」までの約7キロの区間で、コハダなど約3000匹が突然死していることが確認された。

 

 環境局が蔵前橋付近で水質検査を行ったところ、水中の酸素量が通常よりも半分以下だったことから、酸素不足が原因の可能性が高い。

 あなたにオススメの記事