防犯

「今度ランチでも?」初老の男がお菓子と恋文を手渡した相手は小学生!多摩市

 東京・多摩市で今月16日、小学生の女の子が、面識のない初老の男からお菓子を手渡され、「今度ランチでもしませんか?」と誘われたとして、警察に110番通報があった。

 

 通報によると、今月16日午後3時半ごろ、多摩市鶴牧3丁目付近で遊んでいた女子児童に、不審な男が近づき、チョコレートやクッキーが入った小袋を無言で差し出し、手紙を渡された。

 

 手紙には「今度ランチでもしませんか?」などといった誘いが書かれていたため、薄気味悪くなり、悩んだ末に保護者に報告したという。

 

 不審者は60〜70歳くらいの初老の男で、身なりや体格はよく覚えていないという。現場は小田急多摩線の「多摩センター駅」から「唐木田駅」にかけて広がる住宅街で、周辺には子供が遊ぶ公園も多いことから警察がパトロールを強化するとともに、見知らぬ人から声をかけられても相手をしないよう注意を呼びかけている。



【問合せ先】多摩中央警察署 042-375-0110

 

■この記事はメール警視庁からの情報を元に、ハザードラボで編集したものです。

 あなたにオススメの記事