気象

24日の関東甲信「天気急変に注意」雷・突風・ひょうのおそれも…

 梅雨明け間近のきょう(24日)、西日本から北日本にかけて、大気の不安定な状態が続き、とくに関東甲信では昼過ぎから夜遅くにかけて局地的に雷を伴う非常に激しい雨が降るおそれがある。これまでの雨で地盤が緩んでいるところや増水している川もあるので、浸水や土砂災害に十分警戒し、落雷や突風、ひょうに注意してほしい。

 

 気象庁によると、本州付近には太平洋高気圧の縁を回る暖かく湿った空気が流れ込み、日中は気温が上昇。一方で上空5500メートルには氷点下6℃前後の寒気が流れ込んでいるため、24日昼前から夜遅くにかけて大気の状態が不安定になる見通し。

 

 このため、関東甲信地方ではきょう昼過ぎから夜遅くにかけて、局地的に雷を伴った1時間に50ミリ以上の非常に激しい雨が降るおそれがある。また関東甲信以外の東日本から、西日本、北日本にかけても、昼前から夜遅くにかけて、雷雨の可能性がある。

 

 あす朝6時までの24時間に予想される雨量は、▽関東北部で100ミリ、▽関東南部・甲信地方60ミリ。またひょうが降るおそれもあるので、農作物やビニールハウスなど農業施設の管理にも注意してほしい。

 

■ハザードラボ「気象情報」でお近くの天気や気象警報・注意報を確認できます。

 あなたにオススメの記事