気象

熱帯低気圧まもなく台風に…父島近海から北上中 週末接近か(動画)

 

 気象庁によると、小笠原諸島の父島近海で発達中の熱帯低気圧は時速20キロで北上を続けており、24時間以内に台風6号になる予想だ。

 

 週末27〜28日ごろには東日本の太平洋側に接近して大雨をもたらす可能性が高まってきた。

 25日午前9時現在、熱帯低気圧の中心気圧は1006ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は15メートルで、父島の西460キロ付近を時速20キロで北上している。

 

 付近の海面水温は28〜29℃程度と高く、気象衛星ひまわりの画像を見ると、中心の東側を中心に次々と発達する雲が見える。

気象衛星ひまわりの画像

 

 熱帯低気圧から変わる台風の接近により、伊豆諸島では26日から風が強まり、天気は荒れる見込みだ。さらに27〜28日ごろにかけては東日本の太平洋側を中心に大雨となり、海は波が高くなるおそれがある。週末に外出の計画がある人は、今後の気象情報に留意してほしい。

 

■ハザードラボ「気象情報」も合わせてご活用ください。

 あなたにオススメの記事

 編集部からのオススメ記事