防犯

梅雨明け前の真夏の夜の夢…ニット帽かぶっても下半身丸出し男 八王子で珍ブラ散歩

 東京・八王子で昨夜(28日)、下半身に何も着ていない男がいるのを、通りがかった住民が目撃し、警察に110番通報した。

 

 公然わいせつ事件が発生したのは、28日午後8時26分ごろ、八王子市東中野280番地の路上を、下半身を露出した男が歩いているのを通行人が目撃した。

 

 犯人は年齢40代、身長170センチ以上、中肉体型で、緑色のニット帽をかぶり、グレーの上着を着ていたが、下半身は何も履いていなかった。

 

 現場は多摩モノレール「中央大学・明星大学駅」から200メートルほど北東に位置し、周囲には複数の大学のキャンパスが立ち並ぶ住宅街。警察が公然わいせつの容疑で犯人の行方を追っている。

 

 八王子市東中野では昨年9月にも、透明のビニールカッパを着て下半身を露出させた男が目撃されている。

 

【問合せ先】南大沢警察署 042-653-0110 (内線2652)

 

■この記事はメール警視庁からの情報を元に、ハザードラボで編集したものです。

 あなたにオススメの記事