気象

岐阜県多治見市で37.7℃ 猛暑いつまで続く…気象庁「来月4〜7日まで」

 7月最後のきょうは、岐阜県多治見市で日中の最高気温が37.7℃、北海道西部の北杜市で33.6℃と観測史上1位を記録するなど、全国146カ所の観測地点で35℃以上の猛暑日となった。

 

 梅雨があけたばかりの体にはこたえる暑さとなったが、気象庁は同日、西日本では8月7日、東日本では5日、北日本では4日にかけて最高気温が35℃以上になる日が続くとして体調管理や農作物の管理に注意するよう呼びかけている。

 あなたにオススメの記事