感染症

流行国コンゴ帰りの70代女性「エボラ陰性」インフルエンザだった!

 

 エボラ出血熱の流行国であるアフリカ・コンゴ民主共和国から先月31日に帰国した埼玉県の70代の女性が、高熱を出して、感染の可能性が疑われた問題について、厚生労働省は4日、「遺伝子検査で陰性だった」と発表した。

 

 この女性は、先月31日、仕事で半年以上過ごしたコンゴ民主共和国から帰国後、検疫所の指示で毎日2回、体温測定を行っていたが、今月3日に38.2度の高熱を発症。

 

 東京都内の病院に入院して、検体を国立感染症研究所に運んで、エボラ出血の確定検査を行った結果、陰性だと判明。一方、インフルエンザA型ウイルスの陽性反応が出ていることから、引き続き入院を続けるとしている。

WHOが緊急事態宣言

 アフリカ中部のコンゴ民主共和国では、昨年8月以来、これまでに2713人が感染(疑い含む)し、1823人の死亡が報告されていて、世界保健機関(WHO)は先月17日、「国際的に懸念される公衆衛生上の緊急事態」を宣言。

 

 これを受けて、厚労省は流行国からの検疫の強化や、滞在歴がある入国者に対する体温測定などの健康状態の報告を求めている。

 あなたにオススメの記事