軍事

北朝鮮 2週間で4度目ミサイル発射「代償払わせる」米韓合同演習への反発

 

 北朝鮮が6日朝、南西部の黄海南道(ファンへナムド)から、日本海に向けて、短距離弾道ミサイルだとみられる未確認の飛翔体を2発発射したと韓国軍合同参謀本部が発表した。北朝鮮による弾道ミサイルの発射は、先月25日以来、これで4度目となる。

 韓国軍当局によると、飛翔体は現地時間午前5時24分、同36分に続けざまに発射された短距離弾道ミサイルだとみられ、高度は約37キロ、飛距離は約450キロに達したと推定されている。

 

 北朝鮮は過去2週間で、すでに4回のミサイル発射を実施していて、韓国軍は今回の飛翔体を「7月25日の短距離弾道ミサイルと類似した特性がある」と分析している。

 6日の朝鮮中央通信は、同国外務省報道官の談話として「たびかさなる警告にもかかわらず、米国と韓国が合同軍事演習を開始した。昨年の米朝共同声明と板門店宣言、平壌共同宣言への公約違反だ」として、「我々の警告を無視するなら、高い代償を払わせる」と報じて、今月5日に始まった米韓軍事合同演習への強い反発心をむき出しにした。

 あなたにオススメの記事