軍事

金正恩委員長「新型ミサイル目標に命中!」実戦能力を評価

 北朝鮮が6日朝に日本海に向けて発射した2発の飛翔体について、国営メディア『労働新聞』は7日、「新型戦術誘導ミサイルは日本海の目標の島を正確に攻撃するのに成功した」と報じて、実戦能力を誇示した。

 

 2発のミサイルは、現地時間6日午前5時24分と同36分、北朝鮮南西部の黄海南道(ファンへナムド)にある飛行場から、金正恩朝鮮労働党委員長の立ち会いのもと発射。

高い代償を支払わせる

 

 同日、北朝鮮外務省報道官は、5日から始まった米軍合同軍事演習に対して「昨年の米朝共同声明、板門店宣言、平壌共同宣言に対する明らかな公約違反だ」と述べて、「たびかさなる警告を無視した高い代償を支払わせる」と反発心を露わにした。

 7日の報道では、「新型戦術誘導弾2発は、平壌上空や中部内陸上空を飛行して、日本海上の設定された目標を正確に攻撃した」として、金正恩氏が新型兵器の信頼性や実戦能力を高く評価したことを明らかにしている。

 

 北朝鮮は先月25日にも今回と類似した新型戦術誘導ミサイルを、同31日と今月3日には新型の大口径操縦ロケット砲を発射したと発表していて、過去2週間に4回のペースでミサイル発射に踏み切っている。

 あなたにオススメの記事