気象

大型で強い台風10号「小笠原近海から西日本へ」気象庁が進路予測

 

 小笠原近海で停滞中の台風10号は、来週以降の進路がなかなか定まらなかったが、気象庁はきょう(9日)午後、「14日ごろに西日本の太平洋側に強い勢力を伴って接近するおそれがある」との予想を発表した。

14日に接近か

 大型で強い台風10号は、9日午後3時間現在、小笠原近海でほとんど停滞している。中心気圧は955ヘクトパスカル、中心付近の最大風速40メートル、最大瞬間風速は60メートルで、中心から半径170キロ以内では風速25メートル以上の暴風が吹いている。

 

 台風はあす10日から11日にかけて父島近海をゆっくりと北上し、その後は北西へ進み、14日ごろにも西日本の太平洋側に強い勢力で接近する可能性が高まってきた。

 

海のレジャーは要注意!

 台風の中心が予報円に入る確率は70%で、必ずしも予報円の中心に沿って進むものではないため、これからも予想が変わる可能性はあるが、10号の北上に伴って小笠原諸島近海ではあす以降、猛烈なしけになると見込まれる。

 

 10日にかけて予想される最大風速(最大瞬間風速)は、23メートル(最大瞬間風速35メートル)、波の高さは10メートルに達するおそれがある。また、11日からは伊豆諸島で、12日ごろからは西日本と東日本の太平洋側でも大しけとなる見込みで、海のレジャーを計画している人は注意してほしい。

 

■ハザードラボ「台風マップ」もあわせてご活用ください。

 あなたにオススメの記事