気象

台風10号「超大型に発達」太平洋側では13日明け方から高波に警戒を!

 小笠原諸島近海で発達中の台風10号は、強風域が1100キロの超大型に成長した。東日本から西日本の太平洋側と、沖縄地方では13日明け方から大しけになる見込みだ。

 

 台風10号は12日午後3時現在、小笠原諸島の父島から西500キロの海域を、時速15キロで北西に向かっている。中心気圧は965ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は30メートル、最大瞬間風速は45メートルで、中心から半径330キロ以内は風速25メートル以上の暴風域となっている。

超大型の台風とは?

 気象庁は台風の大きさを、風速15メートル以上の強風が吹く範囲で階級分けしていて、中心から半径500キロ以上を「大型(大きい)」、半径800キロ以上になると、「超大型(非常に大きい)」と区別しているが、現在の強風域は中心から南側1100キロ、北側560キロと超大型になった。

あす以降の動き

 このため、小笠原諸島では14日にかけて大しけが続く見込みで、東日本と西日本の太平洋側と沖縄地方でも波が次第に高くなり、13日明け方から波が高くなるおそれがある。

 

 13日にかけて予想される最大風速(最大瞬間風速)は、▽九州南部と沖縄地方23メートル(35メートル)、▽奄美地方20メートル(30メートル)、▽小笠原諸島18メートル(30メートル)、▽四国地方17メートル(30メートル)。

 

  予想される波の高さは、▽小笠原諸島で8メートル、▽四国・九州南部・奄美地方7メートル、▽伊豆諸島・東海・近畿・九州北部・沖縄地方6メートル。

 

 また台風の接近に伴って、東日本と西日本の太平洋側では13日午後から非常に激しい雷雨となる見通しだ。13日夕方までの24時間に予想される雨量は、東海地方で200ミリ、近畿地方150ミリ。その後、14日夕方までの24時間雨量は、東海・近畿・四国・九州で200〜300ミリの予想だ。

 

  台風は今後、さらに発達を続けながら、四国と九州に向かって北上を続け、15日ごろには強い勢力で接近・上陸する可能性が高い。今後も、最新情報に留意してほしい。

 

◾️ハザードラボ「台風マップ」も合わせてご活用ください。

 あなたにオススメの記事