気象

接近する大型台風10号 「警戒すべき時間帯はいつか?」気象庁

 14日現在、大型の台風10号は種子島の南東沖を自転車並みの速度で北上していて、あすにかけて四国地方に接近し、上陸する見通しだ。西日本から東日本の太平洋側ではすでに雨が降り出しているところもあり、台風接近から通過までの総雨量は1000ミリを超えるおそれがある。

 

 正午現在の中心気圧は965ヘクトパスカル、中心付近の最大風速30メートル、最大瞬間風速は40メートルで、中心の南東側と北西側では風速25メートル以上の暴風が吹いている。

自転車並みにゆっくりした台風

 現在、時速15キロで北上を続けているため、動きが遅く影響が長引く可能性が懸念されている。台風は勢力を維持しながら、あす15日にも四国に上陸し、西日本を縦断する見込みで、夜には日本海に抜けて、次第に温帯低気圧の性質を帯びながら、北日本に向けて加速すると予想されている。

 

 台風接近に伴って、周辺の暖かく湿った空気が流れ込んでくるため、東日本と西日本の太平洋側では16日にかけて、非常に激しい雷雨となるおそれがある。

降り始めからの雨量1000ミリ超

 あす朝までの24時間に予想される雨量は、多いところで、▽東海から四国、九州南部で500ミリ、▽近畿と九州北部で400ミリ、▽奄美で150ミリ、▽関東甲信120ミリ。

 

 その後も雨足は更に強くなり、16日朝までに▽東海・四国で600〜800ミリ、▽近畿400〜600ミリ、▽関東甲信から北陸、中国・九州北部で200〜300ミリ、▽九州南部100〜200ミリと、降り始めからの雨量が1000ミリを超える大雨になるところもある。

 

帰省先や旅先で避難経路の確認を

 また海上では非常に強い風が吹き、西日本から東日本の太平洋側では今夕からあす夜にかけて猛烈にしけるところがある。

 

 14日から19日にかけては大潮の時期にあたるため、潮位が高まり、九州北部では海岸や河口付近の高潮や浸水への厳重な警戒が必要だ。

 

 気象庁は13日、それぞれの地域別に大雨や洪水、波浪に対する警戒や注意が必要な時間帯を発表した。帰省先や旅行先などに滞在している人は、今一度、いざという時の避難経路や避難場所も確認してほしい。

 

■ハザードラボ「台風マップ」「気象情報」も合わせてご活用ください。

 あなたにオススメの記事