火山

メキシコ富士ポポカテペトル山「火柱上昇!」爆発あいつぐ(動画)

 メキシコの首都近郊にそびえるポポカテペトル山では、13日からきょう未明にかけてあいついで爆発が発生した。火山から25キロ以上離れた地域でも火山灰が降ったとして、当局がマスクやゴーグルの着用を呼びかけている。

火柱上昇!

 同国の防災機関(CENAPRED)によると、ポポカテペトル山では13日、7回の噴火が発生し、そのうち2回は爆発的噴火だった。未明に起きた爆発では、噴煙の高さが2000メートルを超えて、火口内で赤く光る溶岩の色が反射して、火柱が立ったように見えたという。

 

 あいつぐ噴火の影響で、火山から25キロ西に位置する農村地帯ビージャ・ミルパ・アルタをはじめ、メヒコ州やモレロス州など広い範囲に降灰があったが、CENAPREDは警戒レベルを3段階中、危険度が2番目に高い黄色を維持している。

 

 防災当局は弾道を描いて飛散する大きな噴石の危険性や、土石流、火山泥流の危険性があるとして、火口から半径12キロ範囲への立ち入りを規制している。

 

 首都メキシコシティの南東約70キロにそびえるポポカテペトル山は、標高5426メートル。その左右対称の美しい姿から、日系人の間ではメキシコ富士と呼ばれている。1990年代半ばに半世紀近い休止期間を破って噴火して以来、活発な活動を続けている。2016年には噴煙の高さが上空10キロを超えて、最寄りのプエブラ空港が一時的に閉鎖した。

 

 

 あなたにオススメの記事