気象

台風10号 四国で1000mmの雨 和歌山県南部に「避難指示」大塔川は氾濫注意レベル超

 14日午後5時現在、大型の台風10号は鹿児島県の種子島沖を時速15キロの自転車並みの速さで北上していて、あすにかけて四国から九州に接近、上陸する見込みだ。

 

 接近に伴って、西日本の太平洋側には、発達した雨雲が流れ込んでおり、和歌山県南部の古座川(こざがわ)町では住民への緊急避難指示が出された。また田辺市を流れる大塔川では水位が氾濫注意レベルを上回った。

太平洋側で激しい雷雨降り続く

 台風10号の現在の中心気圧は965ヘクトパスカル、中心付近の最大風速30メートル、最大瞬間風速は40メートルで、中心の南東側280キロと北西側170キロ以内では、風速25メートル以上の暴風が、その外側では風速15メートル以上の強風が吹いている。

 

 気象庁によると、台風はこの後も北上を続け、15日朝にも四国から九州に接近して、上陸する見通し。このため、西日本と東日本ではけさから雷を伴う非常に激しい雨が降り続いている。

和歌山県南部で緊急避難指示

 このうち、近畿地方では1時間に50ミリ近い大雨となっていて、和歌山県はきょう午後4時、南部の古座川町飛来地区の住民に緊急避難指示を出したほか、それ以外の町内全域1439世帯に避難準備を始めるよう指示した。

 

 また田辺市でも本宮町を流れる大塔川で水かさが増して、氾濫注意水位を上回っており、田辺市本宮地区や新宮地区、すさみ町、那智勝浦町など沿岸一帯に避難勧告や避難準備指示が出されている。

降り始めからの雨量が1200mmを超えるところも

 激しい雨は、16日にかけて続く見通しで、15日夕方までの24時間に予想される雨量は、▽四国で1000ミリ、▽東海地方700ミリ、▽近畿と九州北部500ミリ、▽九州南部400ミリ、▽中国地方200ミリ、▽関東甲信地方でも180ミリ。

 

 さらに16日にかけては、▽東海と近畿で300〜500ミリ、▽四国300〜400ミリ、▽北陸と関東甲信地方200〜300ミリ、▽中国地方と北海道100〜200ミリ、▽九州北部100〜150ミリの大雨が予想される。

 

 降り始めからの総雨量は、太平洋側の南東斜面を中心に多くなり、1200ミリを超えるところもあるうえ、ふだんは雨が少ない瀬戸内地方でも大雨になるおそれがある。

 

 また、16日以降、日本海に抜けた台風が温帯低気圧に変わった後も、北海道では週末にかけて大雨のおそれがある。今月19日にかけては大潮の時期にあたるため、潮位が高くなっており、海岸や河口付近の低地では高潮にも警戒してほしい。

 あなたにオススメの記事