気象

西日本 20日にかけて落雷・竜巻に注意!まもなく秋雨前線の出番

 台風10号が去ったばかりの西日本では、四国の南の海上に伸びる前線の影響で、20日にかけて大気の状態が非常に不安定となり、各地で雷が発生している。東日本でもあすは激しい雷雨のおそれがある。猛烈な残暑はひとまず落ち着くが、体調管理には引き続き注意が必要だ。

 

 東シナ海にある低気圧付近から四国の南の海上にかけて前線が伸びており、この前線に向かって暖かく湿った空気が流れ込んでいる。このため、前線付近を中心に大気の状態が非常に不安定となっており、西日本では各地で雷を伴う雨が降っている。

 この前線はあすにかけてゆっくり北上し、朝には日本海側を通って東日本にも伸びるため、東日本でもあすは大気の状態が不安定となり、西日本から東日本では20日にかけて局地的に雷を伴った激しい雨のおそれがある。

 

 お盆休みが明けるとともに、太平洋に張り出していた夏の高気圧が後退して、秋雨前線の出番となることから、猛暑が一段落し、朝晩は過ごしやすくなりそうだが、急に気温が下がることもあるので、体調管理にはご注意を。 

 あなたにオススメの記事