気象

西〜東日本でムシムシ雨「あすも続く」新たな熱帯低気圧も

 

 西日本から東日本にかけて伸びる前線の影響で、大気の状態が非常に不安定となっており、あす(21日)夜にかけて局地的に非常に激しい雨が降り続く見通しで、24時間雨量は九州北部で九州から東海、北陸地方で100〜120ミリに達するおそれがある。

前線の停滞続く

 前線が東シナ海から西日本の日本海側を通って東日本に伸びており、上空に暖かく湿った空気が流れ込んでいる。

 

 前線は西日本では次第に北上するが、東日本ではほとんど停滞する見込みで、21日夜にかけて広い範囲で雷を伴った局地的に非常に激しい雨が降る見込みだ。

 

 あす朝までの24時間に予想される雨量は、▽九州北部120ミリ、▽九州南部・東海・北陸100ミリ、▽中国・近畿80ミリ、▽四国・関東甲信60ミリ。その後、北陸地方ではあさってにかけても50〜100ミリ近く降り続くと予想される。

 停滞する前線の影響で、今週は北日本から西日本にかけて広い範囲でムシムシとスッキリしない天気が続く見通しだ。さらに石垣島の近海では熱帯低気圧が発生し、フィリピンの東方沖でもまとまった雲が熱帯低気圧になると予想されている。

 

 これらの熱帯低気圧が台風にまで発達するかどうかはまだわからないが、進行経路によっては再び沖縄や西日本で大雨になる可能性があるため、今後とも注意が必要だ。

 あなたにオススメの記事