防災知識

「防災&救急」誰でもできる心肺蘇生 PETボトルで訓練するキット(動画)

 9月は1日に「防災の日」、そして9日に「救急の日」がある月とあって、全国的に消防や避難訓練、救命講習などさまざまな啓発イベントが目白押しだ。そうしたなか、いざというとき、慌てずに心肺蘇生(CPR)ができるようになる訓練キットが登場した!

 

 救命訓練というと、自動車免許の教習や消防署の講習で人形を使って行うことでお馴染みだが、日常的に訓練を受ける機会が多くはないため、いざというときに的確に対処できるか、自信がない人がほとんどのはず。

心肺蘇生とペットボトルを圧迫する力は同じ

 非営利型一般社団法人ファストエイドは、心肺蘇生で胸を圧迫するのに必要な力が、カラのペットボトルを圧迫する力とほとんど同じであることに着目。実際のヒトの動きを記録するモーションキャプチャーと荷重計を使って、訓練用の人形と市販のペットボトルにかかる圧力や重さを比較測定して、折りたたんで使うトレーニングシートを開発した。

 飲み終わったあとの500mlや2リットル用のペットボトルがあれば、いつでもどこでも手軽に訓練できるので、家庭や職場などで全員いっせいに効率よくチャレンジできる。

 

 シートは1枚あたり300円程度なので、使用後は各自で持ち帰って、使用方法を解説したYoutube動画を見ながら復習することもできるし、知識と技術を家族や友人など第三者に伝えることで、普及につながると期待されている。

 

 

CPRトレーニングボトル訓練シートは▽5枚セット1700円、▽25枚セット7860円、▽100枚セット3万円(いずれも税別、送料込み)の3タイプで、販売はファストエイドのホームページより。

 あなたにオススメの記事

 編集部からのオススメ記事