気象

台風12号「ポードル」発生!いきなり大型化 フィリピン直撃

 気象庁によると27日午前9時、フィリピンの東方沖で発達中の熱帯低気圧が台風12号になった。

 

 北朝鮮語で「柳」を意味する「ポードル」の名前を持つ12号の現在の中心気圧は998ヘクトパスカル、中心付近の最大風速18メートル、最大瞬間風速は25メートルで、強風域が中心から半径500キロに及ぶ大型の台風だ。

 

 台風の時速は35キロと早く、今夜9時にはルソン島にかなり接近して上陸したのち、勢力を維持したまま、あすの朝には南シナ海に抜けて西進を続け、今月31日にはベトナム沖のトンキン湾に到達するものと予想される。

 あなたにオススメの記事