事故

横浜市営地下鉄がオーバーランで壁に衝突!「運転士の居眠りが原因」

 29日朝、神奈川県藤沢市から横浜市を結ぶ横浜市営地下鉄ブルーラインの駅で、乗客の降車後、折り返し運転中の電車が停止位置を超えて、壁に衝突する事故が発生した。この影響で、ブルーラインでは全線で遅延が発生している。

 

 事故が起きたのは29日午前8時35分ごろ、横浜市泉区のブルーライン「踊場駅」で、6量編成の車両が乗客を降ろしたあと、折り返し運転のために引き込み線に入ったところ、停止位置を通り過ぎて、30m先の壁に衝突し、車体が損傷した。

 

 この事故で42歳の運転士1人が軽いけがをしたという。横浜市営地下鉄の調べに対し、運転士は「引き込み線に進入した際に居眠りをしてしまった」と報告しており、引き続き詳しい原因を調査していく方針。

 

 この影響で、快速列車の運行を中止しているほか、普通列車にも遅延が発生している。ブルーラインでは、今年6月6日にも下飯田駅から立場駅の上り区間で脱線事故を起こしたばかり。

 あなたにオススメの記事