防犯

「こんな時間に中学生がいるのはラッキーだ」ほくそ笑む薄毛男 少年をホールド 東京・墨田区

 新学期が始まった今月2日、東京・墨田区で登校途中の男子中学生が、面識のない中年の男から腕をつかまれ、「この時間に中学生がいるのはラッキーだ」などと意味不明の言葉をかけられたとして、警察に110番通報が寄せられた。

 

 不審な男が目撃されたのは2日午前9時ごろ、墨田区八広3丁目13番地の路上を歩いていた中学生の男子が、近づいてきた男から突然左腕をつかまれて、京成曳舟駅への行き方を尋ねられた。

 

 生徒が答えると、男はニヤリと笑いながら「この時間に中学生がいるのはラッキーだな」などとつぶやいたことから、不審を感じ、腕を振り払ってその場から逃げ出したという。

 

 不審者な男は年齢40〜50歳くらい、身長175〜185センチと背が高く、髪の毛が薄くて、黒い半袖Tシャツに、灰色の短パンを履いていたという。

 

 現場は向島警察署から600メートルほど北に位置する住宅街にある八広中央公園の近くで、周辺には小学校やこども園などもあることから、警察がパトロールを強化している。

 


【問合せ先】向島警察署 03-3616-0110 (内線2812)

 

■この記事はメール警視庁からの情報を元に、ハザードラボで編集したものです。

 あなたにオススメの記事