リコール

マウスコンピューター「バッテリーパックはずして!」火災のおそれ リコールへ

 パソコンの直販メーカー「マウスコンピューター」は、2013年から2016年にかけて販売したシリーズを長期間使用することで、バッテリーパックから発煙・出火のおそれがあることが判明したとして、無償交換を行うまでの間、バッテリーパックをはずして使用してほしいと注意を呼びかけている。

 

 火災のおそれがあるバッテリーパックは、2013年から2016年にかけて販売された「LB-B500」「LB-B510」「MPro-NB5xx」「LB−C500」「LB-C29xx」「LB-W55」「NR29550」「MB-W55」「MB-C2950」の全9シリーズ。

 

 これらは長期使用によってバッテリーパックが劣化すると、過充電状態になり、発煙・出火する可能性があることがわかった。

 

 同社はリコールを実施して対象製品の無償交換を行う予定だが、交換用バッテリーパックが準備が整うのは2020年1月ごろを予定しており、それまでの間は、バッテリーパックを本体からはずして、ACアダプターを接続するなどして使うよう注意を呼びかけている。

 

【この件に関する問い合わせ先】

フリーダイヤル:0120-964-998(24時間365日受付)

 あなたにオススメの記事