気象

台風15号「上陸寸前に非常に強い勢力に発達!」

 

 気象庁によると、台風15号は8日午後9時に「非常に強い勢力」に発達し、伊豆大島近海を北上している。この影響で、神津島の空港では、最大瞬間風速58.1メートルを観測した。

 

 

神津島で58.1m

 非常に強い台風15号は、8日午後10時現在、伊豆大島の南南西50キロ付近を時速20キロで北上している。中心気圧は955ヘクトパスカル、中心付近の最大風速45メートル、最大瞬間風速は60メートルで、中心から半径90キロ以内は暴風が、その周りは強風が吹き荒れている。

 

  静岡県では夜8時ごろに暴風域に入ったため、これから急に風雨が強まり、9日未明にかけて猛烈な風が吹き、猛烈な雨が降る見込みだ。

 台風は9日午前3時ごろには神奈川県または静岡県に上陸し、9日昼前にかけて関東地方を通過する見通しで、神奈川県東部、西部では竜巻きなどの激しい突風が発生しやすい気象状況になっている。

 

  首都圏を含め、記録的な暴風となるおそれがあるため、今夜は不要不急の外出は絶対に避け、最新の気象情報に注意し、安全確保に努めてほしい。

 あなたにオススメの記事