気象

台風15号「史上最速の暴風」首都圏で大暴れ 三浦半島から千葉上陸

 

 台風15号は9日未明に三浦半島付近を通過した後、東京湾を北上し、けさ5時前に千葉市付近に上陸した。この影響で首都圏各地が暴風域に巻き込まれ、千葉市で最大瞬間風速57.5メートルと、各地で観測史上1位の突風を記録した。

 

水戸沖に抜けた台風

  強い台風15号は、きょう昼前にかけて暴風域を伴って関東地方を通過する見込みだ。午前7時には茨城県南東部の行方(なめがた)市付近を通過し、8時には水戸市沖の海上に抜けたと見られている。

 

 現在の中心気圧は960ヘクトパスカル、中心付近の最大風速40メートル、最大瞬間風速60メートルで、北東に向かって時速25キロで進んでいる。

 

土砂災害の危険度高まる

 また関東甲信地方では、降り始めからきょう昼前にかけて、雷を伴う1時間に50ミリ以上の非常に激しい雨が降り続いており、土砂災害の危険度が非常に高まっている。

 

  8日午前0時からけさ5時までの総雨量は、伊豆大島で306.5ミリ、神奈川県箱根市で243.5ミリ、千葉県君津市213.0ミリ、埼玉県秩父市159.0ミリと記録的な大雨になっている。

 台風は水戸沖を抜けてからも三陸沖を北東に向かって進む見込みで、太平洋側南部の海上を中心に大荒れの天気が続き、東北地方では夕方にかけて非常に激しい雨が降るおそれがある。

 

 首都圏でもけさから、複数の公共交通機関で運行を見合わせたり、遅延が生じている。最新の情報を確認して、安全確保を優先しながら行動してほしい。

 あなたにオススメの記事