宇宙

第2の地球か?太陽系外に水蒸気発見!ハッブル望遠鏡で初(動画)

 太陽系の外にある惑星の大気中に、水蒸気があることを英国の研究チームが、ハッブル宇宙望遠鏡の観測データから初めて発見した。生命の生存可能な「ハビタブルゾーン」にある地球型惑星だ!

 

 英科学誌『ネイチャー・アストロノミー』に11日発表された論文によると、ユニバーシティ・カレッジ・ロンドンの天文学チームは、NASA(米航空宇宙局)が運用するハッブル宇宙望遠鏡のデータを元に、約110光年離れた太陽系外惑星「K2-18b」の大気中に水蒸気が含まれている痕跡を発見。

 

 「K2-18b」は、2015年にNASAのケプラー宇宙望遠鏡が地球と海王星の間で発見した数百ある「スーパーアース(巨大地球型惑星)」のひとつ。スーパーアースとは、地球の数倍程度の大きさで、岩石や金属などでできており、大気があれば、液体の水も存在する可能性があると考えられている惑星だ。

 

 論文によると、水蒸気が見つかった「K2-18b」は、しし座の中の小さな赤い矮星の周りを公転していて、大きさは地球の2倍、質量(重さ)は8倍なので、重力は地球よりもはるかに大きいという。

 

 チームは、ハッブル望遠鏡が2016年と2017年に収集した分光データを使って、「K2-18b」の大気を通過した星の光を分析した結果、水蒸気に特有の分子の特徴をとらえた。さらに水素とヘリウムが存在する可能性もあるという。

 

 研究チームを率いたアンジェロス・ティアラス氏は「窒素やメタンなど他の分子も存在する可能性が考えられるが、これまでのところ検出できていない」として、大気中に含まれる水蒸気の割合を推定するには、さらなる研究が必要だと意欲を示している。

 

 あなたにオススメの記事