気象

熱帯低気圧「台風に昇格せず!」しかし新たなたまごも…

 

 フィリピンの東の海上を北上中の熱帯低気圧について、気象庁は「台風に発達する可能性はない」という見解を示した。しかし、周辺にはまもなく新たな熱帯低気圧が発生する兆しが見られるので、引き続き注意が必要だ。

 

   14日午前9時現在も、日本の南の海上には低気圧の雲の塊が存在する。日本列島の東の高気圧との間に伸びる前線付近では、まもなく熱帯低気圧が発生する見通しで、さらに南のマリアナ諸島近海でも新たな熱帯低気圧が発達中だ。

米軍の見立ては…?

 

 ハワイの米海軍合同台風警報センター(JTWC)は、前線近くの熱帯低気圧は24時間以内に発達する可能性があると見ており、マリアナ諸島近海の熱帯低気圧については北西寄りに進むと見込まれる。

 

 今後も最新の気象情報に注意してほしい。

 あなたにオススメの記事