リコール

除菌ウェットティッシュにメタノール混入 カインズが24万5000個をリコール

 ホームセンターのカインズは、今月19日まで販売していたウェットティッシュに、仕様外のメタノールが混入していた可能性があるとして、約24万5000個を回収すると発表した。

 

 リコールの対象となるのは、今年6月29日から9月19日までに全国43都道府県で発売した「アルコールタイプ 除菌ウェットティシュー100枚入り」や詰め替え用など5品目。

 

 メタノール(メチルアルコール)は、ホルマリンの原料やアルコールランプの燃料などとして使われる揮発性が非常に高い有機溶剤で、引火の危険性が高く、目の網膜を損傷すると失明するおそれがあるため、皮膚に触れる製品には使用しない。

 

 カインズによると、購入者から「異臭がする」という苦情を受けて調べていたが、これまでに健康被害の報告はなく、今回混入した量では、通常の使用方法で人体に影響する可能性は低いという。

 

 対象商品を最寄りの店舗に持参するか、下記の問い合わせ窓口まで連絡すると、商品代金を返金するとしている。

 

【この件に関する問い合わせ先】

カインズ お客様相談室

フリーダイヤル:0120-659-337

受付時間:午前10時〜午後6時

 あなたにオススメの記事