気象

台風18号「ミートク」発生!暴風域が西日本襲うおそれ

  気象庁によると、28日午前9時、フィリピンの東の海上で熱帯低気圧が台風18号に発達した。

 

  ミクロネシア語で女性の名前を意味する「ミートク」と名付けられた18号の現在の中心気圧は1002ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は18メートル、最大瞬間風速は25メートルで、中心から半径390キロ以内では、風速15メートル以上の強風が吹いている。

 台風は現在、フィリピンのルソン島に向かって、時速30キロで西北西に進んでおり、24時間後の29日朝には中心気圧が992ヘクトパスカルまで発達する見通しだ。

 

  さらに48時間後の30日には暴風域を伴って、沖縄の南の海上に到達し、東シナ海に抜けた10月1日には、進路を北に変えて九州の西側を目指し、日本海を北上しながら、西日本の広い範囲を暴風域に巻きこむおそれがある。

 

  台風の接近によって、沖縄・奄美では30日から10月2日にかけて、西日本でも10月1日から2日ごろにかけて大荒れの天気になるおそれがある。今後も最新の台風情報に注意して、早めの防災準備を進めてほしい。

 あなたにオススメの記事