宇宙

前澤友作さんを月へ連れて行く巨大ロケット初公開「100人乗り」スペースX

 米宇宙企業スペースX社は28日、テキサス州のロケット発射場で、月や火星などへの有人飛行を目指して開発中の新型宇宙船「スターシップ」と、打ち上げ用ロケットの試作機を披露した。

 

 スターシップは直径9メートル、全長50メートル、積載量100トン以上で、将来の月旅行や火星への有人探査計画に人や物資を運ぶために開発中の巨大宇宙船だ。

 

 この宇宙船を打ち上げるスーパー・ヘビーは2段式ロケットで、直径9メートル、全長68メートル。2基が結合すると総延長が100メートルを超えるが、繰り返し使用することができるように設計されている。(イメージ動画)

 

 

 今月28日にテキサス州キャメロン郡の同社発射場で試作機を公開した最高経営責任者(CEO)のイーロン・マスク氏は「来月か2カ月以内に、無人機を上空20キロまで打ち上げる試験飛行を行う予定だ」と明らかにしたうえで、「これは馬鹿げた計画に思われるかもしれませんが、半年以内に地球を一周する軌道にスターシップを投入したい」と述べた。

 

 スターシップが完成した暁には、ZOZOの前社長、前澤友作氏とアーティスト数人を載せて月周回旅行を目指す予定で、最大で100人を宇宙へ運ぶ事が可能だという。

 あなたにオススメの記事