防犯

多摩市で暴行事件!だんだら縞の毒キノコ頭 女生徒の口ふさぐ

 昨夜(2日)、東京・多摩市で帰宅途中の女子生徒が、背後から近づいてきた男に口をふさがれるなどの暴行を受けたとして、警察に110番通報があった。

 

 事件が発生したのは、2日午後8時10分ころ、多摩市桜ヶ丘1丁目の路上で自宅に帰る途中の女子生徒が、面識のない男から口をふさがれ、羽交い締めにされそうになった。女子生徒は大声で助けを求めながら男の腕を振り払うと、男は慌ててその場から逃走したという。

 

 被害者によると、犯人の年齢は20代、身長170センチ前後、痩せていて、黒髪のマッシュルームカット、空色と濃い青色の縦じまTシャツを着ていて、カーキ色の長ズボンを履いていたという。

 

 現場は京王線「聖蹟桜ヶ丘駅」から数百メートル離れた住宅街で、警察が暴行事件の容疑で犯人の行方を追っている。

 


【問合せ先】多摩中央警察署 042-375-0110

 

■この記事はメール警視庁からの情報を元に、ハザードラボで編集したものです。

 あなたにオススメの記事