気象

台風が温帯低気圧に変わっても「勢力維持」各地で猛烈な大雨に注意!

 台風18号は3日現在、朝鮮半島を通過して日本海を北東に進んでいる。まもなく温帯低気圧に変わる見通しだが、勢力を維持しているため、西日本から北日本の日本海側では、あす(4日)にかけて非常に強い風が吹き、海は大しけの予想だ。

 

 また太平洋側では、南から暖かく湿った空気が流れ込むため、蒸し暑くなり、局地的に雷を伴った猛烈な雨が降るところがある。

温帯低気圧に変わったあとも…

 気象庁によると、午前9時現在の中心気圧は992ヘクトパスカル、中心付近の最大風速20メートル、最大瞬間風速は30メートルで、風速15メートル以上の強風域を伴いながら、時速35キロで北東に進んでいる。

 

 このあと温帯低気圧に変わる見通しだが、今夜9時ごろには中心気圧986ヘクトパスカル、最大風速23メートル、最大瞬間風速35メートルになると予想されている。

台風と温帯低気圧の違い

 台風は海面から上昇する暖かい水蒸気をエネルギーとして発達する一方、温帯低気圧は北側の寒気と南側の暖気との境で発達するため、暖かい空気が冷たい空気と混ざりあうことで前線を伴うようになる。

 

 多くの台風は温帯低気圧に変わると衰弱化する傾向にあるが、近年では温帯低気圧に変わりながら再び発達するケースも増えている。台風の場合は、強風域が中心に集中するのに対して、温帯低気圧は広い範囲で強風が吹くことから、引き続き注意が必要だ。

 台風18号も温帯低気圧に変わったあとも、4日から5日にかけて日本海を東へ進んで北日本に接近し、通過すると予想されており、北日本ではあすは雷を伴った激しい雨が降って大雨になるおそれがある。

 

 また西日本から東日本の太平洋側でも4日にかけて、南からの暖かく湿った空気が流れ込んで、大気が非常に不安定となるため、局地的に猛烈な雷雨になるおそれがある。

 

 あす朝までの24時間に予想される雨量は、▽四国200ミリ、▽東海120ミリ、その後5日朝までの24時間では、▽北海道100〜200ミリ、▽東北と北陸100〜150ミリ。

 

 また九州北部では海を中心に非常に強い風が吹いていて、しけが続いていて、これから温帯低気圧が近づく東北や北陸でも4日朝から夜にかけて暴風や高波への警戒が必要だ。

 

 

 あなたにオススメの記事

 編集部からのオススメ記事