軍事

北朝鮮から島根沖EEZ内落下「潜水艦弾道ミサイル北極星3号」

 北朝鮮は2日朝、同国東部から日本海に向けて弾道ミサイルを発射し、島根県の隠岐諸島沖の日本の排他的経済水域(EEZ)内に落下したと見られている。この問題について同国の機関紙『労働新聞』は、新型の潜水艦発射弾道ミサイル(SLBM)「北極星3号」の発射実験に成功したと報じた。

空中でミサイルが分離の可能性

 労働新聞や韓国軍などによると、弾道ミサイルの発射実験が行われたのは2日午前7時10分、日本海に面した元山(ウォンサン)湾の海上で、国防科学院が開発した潜水艦発射弾道ミサイルを、打ち上げ高度を高くする「ロフテッド軌道」で発射。

 

 防衛省によると、ミサイルの飛翔距離は約450キロ、最高高度は900キロを超えていたと推定されており、同日午前7時27分ごろ、隠岐諸島の島後(どうご)沖の北約350キロ付近に落下した。

 防衛省は当初、発射された弾道ミサイルは2発だと考えていたが、その後、1発の弾道ミサイルが空中で2つに分離して落下した可能性があると発表内容を訂正している。

 

 菅義偉官房長官は2日の会見で、「北京の大使館ルートを通じて厳重に講義するとともに、国連の安保理決議に違反するとして、米国や国際社会との連携を強化する」と述べたが、労働新聞では「試験発射は周辺国の安全に否定的な影響を及ぼしてない」と正当化する姿勢を示している。

 あなたにオススメの記事