事故

北朝鮮漁船沈没 乗組員の「身柄拘束できず」違法操業確認できず 水産庁

 7日朝に能登半島沖の日本の排他的経済水域(EEZ)内で、水産庁の漁業取締船と、北朝鮮籍の漁船が衝突した事故で、沈没した漁船から海に投げ出された乗組員は、水産庁の救命艇によって全員救助され、近くで航行していた別の北朝鮮船で帰国したことが明らかになった。

 

 この事故は7日午前9時7分ごろ、能登半島から北西約350キロの「大和堆(たい)」と呼ばれる海域で、違法操業の取締を行っていた水産庁の取締船「おおくに」が、北朝鮮国旗をつけた漁船を確認、放水銃を使って退去するよう警告した。

 

 その直後に漁船が急旋回を始めたため、漁船の左舷と「おおくに」の船首が衝突して、漁船が沈没、漁船側の乗組員約60人が海上に投げ出された。

 

 海上に漂流していた乗組員は、水産庁や海上保安庁の救助艇などが救助を続けたが、その後、現場に到着した別の北朝鮮漁船に乗り移り、現場を去ったという。

 

 漁船の乗組員らを帰国させたことについて、水産庁は7日夜に会見を開き、「沈没した船が違法操業をしていたかどうかについては確認できておらず、救援の船もEEZ外の公海上に退去させていたため、身柄の拘束といった強制力を行使できなかった」と説明して、日本側の対応に問題はなかったとしている。

 

 外務省はこの事故を受けて、北京の大使館ルートを通じて厳重な抗議を行うとともに、海上保安庁が現在、事故当時の状況を詳しく調査している。

 あなたにオススメの記事